独り言とディスクドッグだけのお話


by joyrosa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ババさまボケる

ジョイではないのです。私のばーちゃん@94歳


わが家と実家の中間にあるマンションで1人暮らしをしているのだけど、先日何もしていないのに肋骨にヒビが入り身動きが取れなくなったわけで、そのまま救急車のお世話になり、病院では肋骨ゆえ痛み止めだけ処方されて帰宅してきた。どうやらその辺から痴呆が始まったらしく、うちの母に「お前に薬盛られて殺される」とか「外に私のファンが来て一晩中騒いでいた」とか一気にボケが進んだ。


金曜日に母とコストコへ行くため車に乗ろうとしたら、実家にいるはずのババさまが杖なし(普段は杖ないと歩けない)でひょいひょい歩き、慌てた母が「どこに行くの?」と聞くと「その辺を散歩してくる」と…思えば杖なしで軽快に歩いているのがいやーな予感を感じさせたのだけど、母はババさまを信用して買い物に出かけたわけだ。


買い物の途中で父から電話があり、「警察からババさまを保護したから、今パトカーで送りに行くとの電話があった」とのこと。げげげげ、警察沙汰かいっ!!ババさま曰く「ムスメに殺される、今日は警察に泊まる」と話していたそうで、おいおいおい!!!両親&私でべっこり凹む orz


さーてどうするよぅ



今は実家にババさまを軟禁状態にしていて、ここの所正気に戻っているそうだ。学校からまおちーが実家に直行しているので、ババさまの世話(お風呂の介助のお手伝いとか、トイレに連れて行くとか食事のお手伝い)をしているんだと。実母曰く「まおちーがいると調子いいかも。末は介護士でよろしくー」なんて冗談飛ばしていたが、天然さんにお仕事が出来て私としてもちと嬉しい。すごーく気が利くらしいよ、しかもテキパキ動けるんだとさ。


ま、大きくなってその道に進みたいと本人が希望するなら進めばいいと思う。私はなんも出来ないので、この週末に小田原に年寄り連中みんなで行ってこい!と計画だけ立てて小さな介護士も同行させることにした。温泉に入って泊まって、美味しいもの食べて遊んでおいでーって訳だ。


「めざせ!ボケずにいきなりポックリ」と母ともよく話す内容だけど、実践するのは実はとても難しいことなんだなーと改めて思った。身近にこいういう案件が出てくるといろいろと考えさせられるねぇ~。まずは自分が健康であること!これに尽きるかな?
[PR]
by joyrosa | 2012-02-28 15:44 | 多忙な日常