独り言とディスクドッグだけのお話


by joyrosa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

あの日の相棒

もう一年経ってしまったんだね…今日はテレビが一日中同じあの日を振り返っている。



私は東京の皇居に程近い職場で仕事してた。少しぐらぐらーって揺れて、まぁ〜すぐ収まるだろうとコピーにしコピー機の前に行った。そしたら、どんどん揺れが大きくなる…



オイオイ…ちょっと




そのうち、激しい横揺れ!横すべりするコピー機を抑えながら、揺れが治まるのを待った。その内に、事務所の天井が外れてなかなか止まらない揺れになす術もなくコピー機と一緒に揺れてた。



揺れが治まってから、机の下にあるヘルメットを被り、パソコンで情報収集。この日私は、まおちーが学童に入るための歓迎会に出るため3時で早退する予定だった。


とりあえず身支度をして、3時になったので事務所を出る。外にはこんなに人がいたの?と言う位の人。新宿通りを走る消防車、普段静かな所がごった返していた。その間にも余震が襲う。

こりゃマズい!と職場の人とコンビニに行き、携帯の充電器と水、パン、お菓子を買い、とりあえず駅に向った。駅では線路の点検中との事で不通に…いつ復旧するかのメドもなく、歩いて帰る事にした。


半蔵門から永田町まで行き、見慣れた国道246号に出る。同じ事を考える人が沢山いて歩く人だらけ。公衆電話に並ぶ人、混雑するコンビニを横目に見ながら歩く。1時間くらい歩いた時に、青山でオリンピックを発見!




あ、自転車!!





そして、買うために行列に並ぶ。小一時間くらいして手元には新しい自転車。



f0119211_16334082.jpg



こいつのお陰でこの先の30キロを歩かないで済んだんだよね。勝手知ったる道を走る。歩道は歩く人で進めないからさ、渋滞している車道を走る。バスも走っているけど、ぎゅうぎゅう、そしてノロノロ。

途中バイクの兄ちゃんたちと会話しながら走る。246ってこんなに坂ばっかなんだ!と始めて分かった。途中の工務店では、ダンボールに軍手が沢山あって、ご自由にお持ち下さいとメッセージが書いてあった。


横浜市に入ると停電。信号も街頭もなく真っ暗…iPhoneのラジオと携帯のmixiを見ながら自転車を押して歩いたり、途中買ったお茶を飲んで休憩した。実家に電話が繋がったのは9時くらい。青葉台のヤマダ電気がある場所だった。家族の無事を確認すると、気が楽になってペダルを漕ぐ足も軽くなったなー。


旦那とはその後連絡が取れ、まだ職場にいてこれから歩いて帰るとの事。まーいいや、放置(笑)


地元に着くと、まおちーが通っている保育園の前を通る。まだ子供が残っている…先生も帰りたいだろうに頭が下がる。


やっとこ帰宅したのは10時ちょい前。徒1時間、自転車4時間の旅だった。実家のテレビを見て事の凄さを知る。


もうあれから一年…



あの日買った相棒は今、通勤の友になった。この自転車を見る度に、一年前の今日を思い出す。
[PR]
by joyrosa | 2012-03-11 15:45 | 多忙な日常